deerafter - tops and bottoms

770円(税70円)

購入数

札幌のemo/post rockバンド、deerafterによる自主制作音源。(CD-R)
twitter上で脅威のバズりと共に現れた彼らは、シーンの希望と言えるだろう。
その映像を観た時、僕もすごく胸が高鳴った。
エモリヴァイバルに若干の飽和感があった中、所謂エモリヴァイバルサウンドでここまで惹きつけられたバンドが国内で居ただろうか?
あの頃、myspaceでシーンを爆発させたThe Tigersを彷彿した。
憧れの地、札幌からというのも堪らない。東京だったら、周りの環境故にこのサウンドに辿りついてないんじゃないかって思う。地方独特のストイック且つ楽しむ様が伝わってきた。
エモリヴァイバル、メロディックパンクの派生的な熱さを持ちながら、渇いたクリーン寄りのサウンドでテクニカルがFriend Of Mine Recordsのフアンも唸らせたであろう。サウンドのみで言うならloose lips sink shipsさえ感じるマスロックイズム。
エモ/メロディックパンクとマスロック/ポストロックの架け橋として国内シーンの希望です。
Algernon Cadwallader , Snowing , gulfer , T/T/T , malegoat , falls , the band apart あたりが好きであれば間違いないだろう。